海外の学校に通う〜中学高校〜アデレード編1

最近は海外の中学〜高校への留学を検討したいと、相談を頂くケースが増えてきています。今回はライフターゲット がご案内している「ピータースミス・テニスアカデミー」の例を元にお話を致します。

●アデレードはオーストラリアの中でも海外留学生の受け入れがしっかりとしている都市です。

アデレードが属する南オーストラリア州は海外留学生の受け入れにあたり、政府機関である「教育庁」が窓口となり留学申し込みを受付ています。そこから市内にある複数の中学高校へ振り分けを行なっています。

学校個々ではなく、州全体として受け入れのしくみが整っているわけです。

日本人の単身での留学の場合は、中2相当(14歳になる)年齢から高校3年までの留学が可能です。

●年度のスタートは1月から

オーストラリアの新学期は1月からとなります。(実際には1末スタート)4学期制を取っており、10週やって、2週のお休み….のようなサイクルとなります。

日本の場合は3末が区切りになる学校が多いため、オーストラリアの2ndターム(5月頃)からの参加となるケースが多いのですが、在籍枠に空きがあれば途中からの入校も可能です。

現在はアデレードへの留学生がアジア圏を中心に人気があり、申し込みが多数あります。できるだけ7〜8月頃までには来年度の在籍枠に空きがあるか?早めの確認が必要です。

●現地校への通学は10週単位でできます。

コースには10週、20週、30週、40週の短期留学コース、また高校卒業コース(3年〜)などがあり、参加期間に応じてISEC(英語集中コース)への参加、語学の習得状況に合わせて、通常の授業を取得する事になります。

●日本の学校の研修制度のタイミングを利用して

日本の学校でも最近は学業の一部を海外研修として4週間〜3ヶ月〜1年と提携校に留学することで単位として認めてくれるところが増えてきています。

当社のお客様の中には学校の提携校ではなく、テニスを絡めてアデレードの高校に留学を希望される方もいます。日本の学校の許可が得られる場合にはそのような留学を認めてくれるケースも増えてきています。

ライフターゲット では現地の学校で必要な授業や経験がどのような形で行われるのか?などについてもご案内することが可能です。興味のある方は気軽にお問い合わせください。