フランスパリテニス夢ツアー3・4日目

現地に入って3日目、相変わらず夜中に目が覚めます。笑。寝たような眠っていないようなそんなぽわっとした感覚の中、今日の午前中はパリ市内観光です。

車窓見学をメインにパリの主要箇所をめぐっていきます。

最初に訪れたのは芸術家たちが愛してやまないパリの下町、モンマルトル。画家が風景画や似顔絵など自身の作品を展示販売しています。オシャレなカフェもあって、素人の私はすでに雰囲気に飲み込まれています。

映画“アメリ”の舞台にもなったモンマルトルの丘の上からは、パリ市街を一望できます。丘の上には遠くからも目に付く真っ白なサクレ クール寺院があり、すぐそばには有名なピカソも暮らしたと言われているテルトル広場があります。路地を歩いていても、街中にあるモニュメントや可愛らしい雑貨屋などが並んでいておしゃれですね〜。見るもの一つ一つに歴史を感じます。

ホントは撮影禁止でした。ごめんなさい🙏

その後はエッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ通り、ルーブル美術館、あの燃えてしまったノートルダム寺院など名前は聞いた事がるような場所を巡っていきます。気に入った場所を後でゆっくりと見学するのもいいですね。

パリは昨年から燃料増税への反対を発端として暴動が発生しています。たまたま今日は集会が行われる予定になっているらしく、コンコルド広場やシャンゼリゼ通りなど主要箇所のいくつかが警察によって封鎖されていました。思っていたよりも集会やデモ行進は計画的に行われていて、事前に申請をして許可をもらって行うそうです。なんか変な感じですね。

コンコルド広場へのアクセスは本日不可

午前中で観光は終了、オペラ座側で解散となりました。お昼は東京でも開店したメゾンカイザーという美味しいパン屋さん、パリの有名チェーン店を訪れました。1階で好みのパンやピザ、エクレアやマカロンなどのスィーツを選び2階で食べることができます。こちらに来てから感じる事ですが、ホント🍞パンが美味しい、特にクロワッサンなんかは毎日食べても美味しいですね〜。

その後はオペラ座見学、ショッピングと別れて行動します。パリにもユニクロがありました。オペラ座側の良い立地です。フェデラーが契約をしてから、大きな大会の前には特別なTシャツが売られていることがあるのでチェック。黒は日本では見たことがないので早速お土産用に購入。皆さんも喜んでいましたよ。

オペラ座はさすが伝統ある劇場、歴史は1600年代、日本は徳川時代にすでにこんなものが存在していたんですね。シャガールの天井画に感動。

豪華絢爛という言葉がピッタリです。

お買い物も楽しんで一旦ホテルに戻ります。そして本日のメイン、一つ星レストランピルグリムでのディナーです。日本人シェフが作る料理は繊細でどんな素材が料理に入っているのか?一口食べただけではわかりません。笑。ホント美味しかった。良いレストランというのは味だけはなく接客サービスが気持ち良いんですね。良い経験でした。

イカの、、、、
実はゆで卵、、、
スズキの、、、、、
イベリコ豚の、、、、
デザートは3種類も出ました。

かなりお腹がいっぱいで3日目は終了、明日はテニス観戦とベルサイユ宮殿見学に分かれて行動です。

4日目天気は晴れ。気温もちょうど良いくらいです。私のグループは全仏オープン初日を観戦します。4大大会の中で初日が日曜日スタートっていうのはなんか不思議ですね。1回戦が3日間あります。本日のメインは錦織選手、そしてフェデラーのユニクロコンビです。

初日観戦チーム

全仏観戦はじめての私が最初に感じた事は思っていたよりも会場内はコンパクトであっという間に中を1周できます。日曜日ということもあるのか?午後はものすごい人です。

錦織、フェデラーともに勝利、参加者の皆さんも喜んでいました。

明日のセンターコートは素晴らしい、ウオズニアッキ、ナダル、ジョコビッチ、セレナの豪華メンバー登場、雨が降らないことを祈ります。